忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 12:03 】 |
原爆投下56日間の惨状…医師の目で 「ヒロシマ日記」  って ギャハハ。
さぁ、今日もあんなこと、こんなこと、いっぱい仕入れましょう。
気分転換にいかがですか?
速報のことを書いてみたいです。

☆★☆

原爆投下56日間の惨状…医師の目で 「ヒロシマ日記」
産経新聞 8月2日(火)15時53分配信

■故 蜂谷氏の顕彰碑 出身地・岡山に

広島の原爆投下直後からの惨状や医師としての活動を「ヒロシマ日記」として残した蜂谷道彦(はちや・みちひこ)氏(1903~80年)の顕彰碑が「原爆の日」の6日、岡山市北区の生家近くに建立される。関係者は「蜂谷氏の尊い活動を後世に語り継いでいきたい」と話している。

建立するのは平成21年7月に市民ら有志約40人で結成した「蜂谷道彦を顕彰する会」(西崎繁治会長)。

蜂谷氏は岡山医科大学(当時)を卒業し、昭和17年から広島逓信病院(広島市)の院長。病院から約300メートル離れた自宅で被爆し負傷したが、病院に駆けつけて苦しむ被爆者たちの治療に奔走。その後は原爆症の研究にも尽力した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110802-00000132-san-soci

★☆★



今回の話題はいかがですか?
さぁ、がんばるぞっと。
ありがとうございました。


このところの社会情勢の移り変わりは予想が難しくなってきています。そのため、ネットの環境でも様々な変化が出てきています。そんな中で最近注目は、無・審査無・審査、また無・審査売却・見積りなど多くなってきています。こんなところにも、経済の移り変わりの一端が垣間見えてきています。そのほかにも、や、また・といった傾向も出てきています。ごく一部の検索傾向からも、次の時代の変化の一端が見られるでしょう。

PR
【2011/08/02 16:08 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>